カートをみる ショッピングガイド お問い合せ サイトマップ
RSS
 

結婚式にまつわるジンクス


人生で最大のイベントである結婚式では、後悔のないようにたくさんこだわりたいものです。結婚式にはたくさんのジンクスや言い伝えがあります。現在でも式や披露宴の演出として取り入れられているものも多く有りますのでご参考にされたらいかがでしょうか?

サムシングフォーとは

結婚式当日に「何か青いもの」「何か借りたもの」「何か新しいもの」「何か古いもの」を身につけるという4つのジンクスをサムシングフォーといいます。「マザーグース」の歌が由来となってできたジンクスの一つです。

サムシングブルー

サムシングブルーとは、「何か青いもの」で花嫁の純潔の象徴です。青は忠実・信頼を表す色といわれており、幸せを呼ぶ色そのものです。別名、聖母マリアの色としても有名です。
この青色のものは、人目につかない指輪の一部や青いリボンが入ったガーターベルト、花束の一つに用いられることが多いです。

サムシングボロー

サムシングボローとは、「何か借りたもの」で隣人愛の象徴です。すでに幸せな結婚生活を過ごしている方から幸せをおすそ分けしてもらうという意味があります。友人や隣人から結婚式に使われたベールや手袋を借り、結婚式に身につけます。

サムシングニュー

サムシングニューとは、「何か新しいもの」で新生活の幸せの象徴です。これからの新生活のスタートを意味し、新品のものを身につけます。手袋やアクセサリー、化粧品、インナーなど新しく卸したものであれば、基本的にどんなものでも良いとされています。

サムシングオールド

サムシングオールドとは、「何か古いもの」で花嫁の祖先・家族からの幸せや富の象徴です。先祖代々継がれてきたものや母・祖母から譲り受けたアクセサリーなどを用いるのが一般的だとされています。ウェディングドレスを譲り受ける方もいらっしゃるようです。

6ペンス銀貨のジンクスとは

ビクトリア時代のイギリスで始まったジンクスで、サムシングフォーの詩の続きに「そして彼女の靴に6ペンス銀貨」と歌われています。現在では6ペンス銀貨の造幣は終了していますが、シルバーコインを代用して行われている風習の一つです。
結婚する二人が経済的に豊かで、幸せな結婚生活が送れるようにと願いを込めて、「花嫁の左の靴」に6ペンス銀貨を入れて結婚式を挙げるものです。最近では「新郎の胸ポケット」にも入れられる様になりました。

ジューンブライド

「6月に結婚すると幸せになれる」日本でも古くから浸透している言い伝えですね。英語のJune(6月)はローマ神話の女神ジュノーに由来しています。ジュノーが結婚と家庭、女性を守る女神である事から、6月の花嫁はジュノーに守られて幸せになると考えられています。

結婚指輪

古代イタリアではダイヤモンドが愛を高めるとされていた事からダイヤがあしらわれる場合が多く、また、ギリシャでは薬指の静脈が心臓に直結していると信じられていた為に、愛し合う者同士の心を結び付ける意味で薬指にはめる様になりました。

ブーケ、ブートニアの伝説

結婚式の花は子孫の繁栄や永遠の愛の象徴とされます。古のヨーロッパでナイトがプロポーズへ向かう途中に摘んだ花を花束にし、愛の言葉と共に相手の貴婦人に贈ったのがブーケの始まりでした。
その女性が捧げられた花束から一輪を抜き取り、プロポーズの承諾の証しとして男性の胸に挿したのがブートニアの由来と言われています。

とてもロマンティックなジンクスや伝統がまだまだたくさん有りますので、皆様も探してみてはいかがでしょう。
意味を知れば違った視点で式を見直せるかもしれませんね

ブライダルアクセサリー accessoireでは、オーダーアクセサリーの注文を承っております。大切な結婚式に世界に一つしかない手作りアクセサリーを身につけてみてはいかがでしょうか。

結婚式で身につけるアクセサリーについて

ブライダルアクセサリーを探されていらっしゃいますか? 結婚式で身につけるアクセサリーには様々なものがあります。たくさん身につけてしまうと魅力を引き出すどころか、せっかくの美しさを軽減してしまう可能性もありますからバランスが大切ですね。こちらでは結婚式で身につけるアクセサリーの種類をご紹介します。

イヤリングやピアス

イヤリングを身につけるだけで、女性らしさを演出することができます。イヤリングは、ヘアスタイルやネックレスに合わせて選ばれる方が多いため、結婚式を挙げるまで忘れてしまいがちなアイテムです。とても小さなアイテムですが、正装の必須アイテムでありお顔周りを華やかに見せる為にも必ず身につけましょう。

ネックレス

花嫁様が身につけるネックレスには様々な種類があります。シンプルなデザインもあれば、とても豪華なデザインもありますね。ヘッドドレスが大振りで華やかならば控えめなネックレスの方がバランスが良いでしょう。首元は視線を集める部分なので、普通のネックレスでは物足りないと感じる方にはショルダーネックレスをおすすめします。ショルダーネックレスは肩や腕に華やかさを演出することができるので、ヴィスチェなど肩を出すドレスを身につけられる方にはお薦めのアイテムです。

ティアラやリボンカチューシャなどのヘアアクセサリー

ヘアアクセサリーがなければ、綺麗なドレスを身につけていても物足りない印象を与えてしまいます。主役だからこそ楽しめるティアラや大振りな髪飾りなどで存在感をアピールしましょう。普段身に着けることが無いからこそ、気分がアップする事は間違い無しです!

ブライダルアクセサリーを身につけることで、花嫁の魅力をさらに引き出すことができます。通販で結婚式用のアクセサリーをお探しの方は、ブライダルアクセサリーaccessoireをご利用ください。オーダーメイドが可能なアイテムもありますので、お気軽にお問い合わせください。

ヘッドドレスの種類

結婚式の準備ではウェディングドレスだけではなく、アクセサリー選びも欠かせません。
より花嫁姿を美しくするヘッドドレスには様々なタイプがあります。こちらでは、人気のヘッドドレスのタイプをご紹介致します。

ティアラ

昔から貴族の成婚などに使用されており、宝石をちりばめた王冠を意味しています。ティアラは人気の高いヘッドドレスです。豪華で華やかなイメージも持ち、上品さが際立ちます。ベールをつけても外しても違和感がありません。ウェディングでは定番のヘッドドレスです。

リボンカチューシャ

欧米でとても人気の有るアイテム。ラインストーンやパールなどのカチューシャをおリボンで結びつけるロマンティックなスタイルです。ヘアスタイルを選ばずにナチュラルな華やかさを演出できるのが大きな魅力です。

マリアベールティアラ

マリアベールととても相性の良い、額に垂れるタイプのヘッドドレスです。清楚にもエキゾチックにもデザインや材質を変えて色々なアレンジが可能です。お色直しなどでのイメージチェンジにも使い易いお薦めアイテムです。

フラワーアレンジ

生花やプリザーブドフラワー、シンセティックによって作られるヘッドドレスです。鮮やかな彩りで花嫁様の美しさを引き立たせてくれるでしょう。小花は、プリンセスやAラインなどのドレスと合わせることでキュートなイメージに、大輪の花は大人っぽく落ち着いたイメージになります。また、葉っぱも目立たせたデザインにするとナチュラルなイメージで、エンパイアドレスやマーメイドドレスと相性がいいと思います。

ラリエット

もともとは留め金の無いネックレスですが、ヘッドドレスとしても活用する花嫁様が多い新しいスタイルです。頭の上に飾ったり髪に編んだりと自由にコーディネートすることができます。アレンジが自由なので様々なタイプのドレスに合わせ易いアイテムです。

ボンネ

刺繍やビーズなどで飾られた縁のない小さな帽子のようで気品漂うヘッドドレスです。楕円形のボンネが定番ですが、リボンの形をしたデザインも人気があります。つける位置やボンネの大きさによって印象が変わります。アップしたヘアスタイルにぴったりで清楚でエレガントな印象になります。

ご紹介した他にもカチューシャやハットなど様々なタイプがあります。自分に似合うヘッドドレスで花嫁姿を美しく彩りましょう。
ブライダルアクセサリー accessoireでは、ティアラやボンネなどのヘッドドレスはもちろん、ピアスやネックレスなどアクセサリーを豊富にご用意しております。また、オーダーメイドも承っております。オリジナルのブライダルアクセサリーで、最高の結婚式にしませんか?

ヘッドドレスの役割と豆知識

結婚式のウェディングドレスが決まったら、次はドレスに合わせた小物選びをされる事でしょう。ネックレスやピアス、ヘッドドレスなどのアクセサリーやブーケなど、花嫁様の魅力を引き出してくれる小物は種類豊富にあります。その中でもヘッドドレスとはどのような役割を持っているのでしょうか。


ヘッドドレスの役割  

ヘッドドレスにはティアラやクラウン、カチューシャ、ボンネなど様々な種類があります。

ウェディングドレスを綺麗に着こなす以外にも結婚式と言う”儀式”の正装の仕上げとして重要な役割を果たします。
花嫁様の顔周りを華やかに彩ってくれますし、選ぶものによっては全体の雰囲気がガラッと変わります。

いくつかのアイテムを組み合わせたり、ベールやウィッグと合わせて使うことができますから、
最近ではドレスは変えずにヘッドドレスだけを変えてお色直しをする方も増えています。

ヘッドドレスの豆知識

色々な種類のヘッドドレスがありますが、美しさを引き立たせるためにはバランスが重要となります。

同じヘッドドレスでも大きさや着ける位置、着け方によっても印象が変わりますから
花嫁様が最も美しく見えるコーディネートを考えなければなりません。

例えば、小さいヘッドドレスは可愛らしく、大きいヘッドドレスは大人っぽいイメージになります。
そして着ける位置が下に行くほど大人っぽい印象になります。

ティアラ

ティアラは格式の高いヘッドドレスですから、日常的に着けるチャンスはあまり有りませんね。
そんな正統派アクセサリーですが、ヘアスタイルや着け位置のアレンジでキュートにもモダンにもイメージを変えられます。

フロントからサイドまで飾りが有るレギュラーサイズと、小さめで前髪部分にコームで着ける前櫛ティアラが有ります。ご自分でティアラを着ける場合やレストランウェディングなど、ゲストと近い会場では小さめの前櫛タイプがお薦です。 裏側に付いたコームを差し込むだけで簡単に装着が可能です。


ボンネ

ボンネットからアレンジされて生まれた日本発信のヘッドドレス。
新しいアイテムですが、どことなくクラシックで上品な雰囲気が魅力。
結った髪の前に着けたり、うなじ側に着けたりと自在なアレンジができます。

形も材質も、留め位置も色々・・ですが、一般的にはコームと両サイドのループにUピンなどを差し込んで髪に留め付けます。

マリアベールティアラ

マリアベールにマッチする、額に垂れるタイプのヘッドドレスです。
編み込みで形作ったタイプはドレープが綺麗に出易いように初めからU型のカーブが付いています。
留める位置でUの深さを調節し、額への掛かり具合をアレンジしてください。
直線的に着けると軽やかに、深めにカーブを付けるとエレガントな印象になります。

フロント・サイドをなでつけたヘアならばクラシックに、ソフトリーゼントやポンパドールに合わせるとモダンに、
アレンジ次第でイメージが変わります。


ヘッドドレスは花嫁様のイメージを大きく左右しますので、ヘアメイクの方とも念入りに打ち合わせされるとされると良いですね。

ブライダルアクセサリーaccessoireは、ブライダルアクセサリーとオーダーメイドの通販を行っております。ティアラやマリアベールティアラなどのヘッドドレスもいろいろあります。花冠のようにつけることができるガーランドティアラはイメージに合わせてアレンジを工夫することができるデザインになっています。ひとつひとつ職人の手で編みこまれた繊細な作品になっていますのでおすすめです。

ページトップへ